武蔵コーポレーションの入居率が高いと2chで評判です


数値の算出方法は色々と考えて導き出さないといけません。
一般論を使うのが良いとされていますが、
中には例外となる条件は山の様にあるのです。

例えば、「我が社は全社員が優秀で誰でも電話対応が出来ます」
という会社があるとします。
しかし、この「全社員」は条件により例外となる人物が存在します。
それは新卒で入ったばかりの人員です。
研修を行うと思いますが、
それまでの間は電話対応をすることが出来ません。
言葉の綾に近いものがありますが、
このような例外も存在することを考慮しないといけません。
特に数値で出す場合は重要です。
「我が社は90%の方が○○の資格を保有しています」を
謳い文句にしている会社があったとしても、
新卒を採用するたびにこの数値は変動します。
仮に1週間で取れる資格だとしても、
その間はこの数値は嘘となってしまいます。

2chで人気の武蔵コーポレーションは入居率96%という
高い数値を維持しています。
正確には96.3%ですが、4600戸も管理しており、
1日ごとに数件変動するのは当然なので、端数に関しては誤差です。
しかしこの入居率の計算はとても厄介です。
実は明確な指針は存在せず、
各不動産会社が独自の方法で算出しているのです。
そして、2chで人気の武蔵コーポレーションは、
管理開始3ヶ月後から数値にカウントしています。

2ヶ月前までの情報はどんなに空室があってもカウントしないのです。
しかしそれは武蔵コーポレーションの
経営スタイルを考慮すれば当然とも言えます。
2chで評判の武蔵コーポレーションは中古物件のみを取り扱い、
そうしたところはほぼ全て空室率が高いです。
契約したばかりの空室50%の物件もこの入居率にカウントしてしまったら、
あまり正確なデータとは言えなくなってしまいます。

例えるなら、サプリメントの試飲結果に近いかもしれませんね。
100人の方にこのサプリメントを3ヶ月飲んでもらって結果を見ようとしているのに、
その中に今日からサプリメントを飲み始めた人を加えると、
算出結果がおかしくなるのは目に見えて分かります。
どんなに武蔵コーポレーションが2chで評判でも、
2、3日で満室にすることはほぼ不可能です。
だからこそ3ヶ月の猶予を設けているのです。
逆に言えば、僅か3ヶ月で96%に近い入居率を叩き出せるあたり、
武蔵コーポレーションが2chで人気なのが伺えるというものです。